〜 女性読者の脱毛の悩みや解決エピソードを投稿しています 〜

剛毛さよなら女性の為(時々男性も!)の脱毛ブログ

未分類

男で首筋(あご下)の髭が気になる時はどうすればいいの?

投稿日:

スポンサーリンク

こんにちは!○○です。

そういえばこのブログでの僕の名前がまだ決まってないです😅

そのうち高田純次バリのてきとーネームで語ってますので、流しといて下さい〜

 

高田純次と言えば、「じゅん散歩」もといダンディなお姿ですが、彼のトレードマークに髭があるんじゃないでしょうか。

 

今日はその髭、あご下の首周りのヒゲの話です〜

20第後半の男性なら共感する人がいるはずデス!

 

男性=ヒゲを蓄えてナンボは時代遅れ。要はダサい

僕は高田純次しんのいちファンです。

ああいう大人になりたいし、理想は高田純次と江頭2:50を足して割った、バカだけと芯のある大人になりたいです。

2で割ると個性が強烈すぎるんで、3deで割ります(笑)

 

 

それを念頭にこれから話すことを聞いてください〜

じゃないと高田純次をdisってる風に捉えられてしまうので。

 

ところで、ヒゲって必要ですか?

 

僕はあまり必要ないなぁと思うのです。

特に顎の下の首周りにちょいちょい生えてるアレですあれ。

 

沖縄の人はわりかし毛深い(ヒゲもあるある)

 

毛の生え具合は男女共通して「個人差」があります。

僕は沖縄の生まれ(父も母も二人の爺ちゃん婆ちゃん全員が生粋の沖縄人)でDNAはガッツリ沖縄ナイズされちゃってる訳です。

 

沖縄の人って毛深い印象ありますよね。

まぁ、その通りで、実際僕もそこそこ毛深いのです。(もちろん、僕以上もいればその反対もいます。)

だからって、沖縄生まれを恨んだことは一切ありませんけどね。ただ、ヒゲなりなんなり身体的なものって親の遺伝や土地由来な要素が少なからずあるので受け入れるしかありませぬ。

 

ヒゲをしたきゃすれば良い。マストな時代は明治で終了

 

生えてしまうヒゲの対策は後で書くとして、ヒゲ生やしたきゃ生やせばいいし、嫌なら生やさなきゃいいんです。

 

明治時代の偉人って、ヒゲを生やした肖像画ばかりですよね。

アレってヒゲを生やしてる事実がステータスになってました。

 

威厳がある

堂々としてる

 

そんなイメージだよね。

 

イメージなんですよ、いわゆる。

自分が求めてそのイメージにハマりたいならヒゲを利用すれば良い。

周りがそうするから、したくもないヒゲを蓄える。そんな選択肢はゴメンだよ。ってことが言いたい。

 

別にヒゲに限らない。

あらゆる事において、したい人はすればいい。

髭をする、しないは、want toであれ!

 

なぜ顎髭が気になるのか?

髭にも場所や生え方などによって当事者としての感覚や周りの印象がちがいますよね。

 

ボク個人の意見ですが、特に自分の顎髭(首筋につながるトコまで)がムショーに気になります。

 

以下、その理由を。

 

男だってヒゲのせいでチクチクするんだぜ。ヒリヒリするんだぜ。

 

一番はコレです。

僕は肌が弱いこともあって、顎から首にまたがる髭が皮膚感覚として違和感があります。

 

不快とまではいかないけど、一度気になると続けざまに気になります。

ジョリジョリとする感じ。

嫌いではないんですけど、それよりは髭を薄めて(ゆくゆくは永久脱毛を選択肢に入れて)サッパリした感覚を待望するのであります!

 

ヒゲ剃って清潔感ある男性の方がモテる。確率論だけど。

らしいですよ。

 

その統計も取れています。

関連リンク

やっぱ清潔な印象のある人が女性に受けいられますよ。

肌が弱いと、髭によって更に痛めます。

 

前回の、五本木クリニックの無料カウンセリングを受けた記事を書きました。

そこで、「ニキビ痕などの肌荒れを改善したい」と相談をしたところ、「その前に髭を脱毛しよう。皮膚のケアはそれからだね」と言われました。

 

それだけ、髭が肌に与える影響は大きいかもしれません。(もちろん個人差はありますが)

 

ヒゲ脱毛してメンテナンスの時間を生産性ある方向に使えばオッケイ!

 

肌やニキビ、髭にコンプレックスを抱えている僕の様な人間は、一日のうちに何回もその思考がよぎる事があります。

 

その時間は非常にムダです!

だったら、脱毛してササッと解決すれば良いのです😊

 

髭を剃る時間もショートカット出来ますし、髭剃り(T字であれ電動であれ)代も浮きます。

 

それを仕事や勉強、筋トレに使って男を高める!

そんな生き方もあっては良いんじゃないでしょうか!

 

-未分類
-

Copyright© 剛毛さよなら女性の為(時々男性も!)の脱毛ブログ , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.